カミソリ負けが起きてしまう原因は?対処法や正しい剃り方を解説します

ヒゲ剃りや腕、足などのムダ毛処理時に、カミソリ負けを起こしたことのある方は多いでしょう。肌がヒリヒリとした痛みを感じるカミソリ負けは、どうして起きてしまうのでしょうか。

この記事では、カミソリ負けが起きる原因や対処法、正しい剃り方を解説いたします。「カミソリ負けを防ぎながら、ムダ毛の処理がしたい」「カミソリ負けの原因を知りたい」と感じていらっしゃる方は、ぜひ参考になさってください。

こんな症状が出たらカミソリ負けかも

カミソリ負けとは、カミソリを使ってシェービングしたあとに起こる肌トラブルのことを指します。症状について、下記の項目で詳しく解説いたします。

肌がヒリヒリして痛い、かゆい

カミソリを当てたあとの肌がヒリヒリして、痛みやかゆみを感じる場合には、カミソリ負けを起こしている可能性があります。刃を直接肌に当てて自己処理するため、皮膚のバリア機能を奪いやすく、痛みやかゆみを発生させます。

処理した部分にニキビのようなものができている

カミソリ負けの症状のひとつに、ニキビに似たブツブツとした腫れものがあります。処理部分に吹き出物ができていたら、カミソリ負けを疑ってよいでしょう。

皮膚のバリア機能が奪われた部分から細菌が入り込んだことにより、炎症を起こしている可能性があります。トラブルの悪化を防ぐためにも、吹き出物ができた部分は自己処理を控えましょう。

処理した部分にかぶれができている

皮膚のバリア機能が奪われることにより、アレルギーやかぶれを引き起こすことがあります。またカミソリの刃が原因の金属アレルギーを起こしている場合もあるので、注意しましょう。かぶれがおさまらない場合には、できる限り早めに皮膚科にかかることをおすすめします。

カミソリ負けが起きてしまう原因は?

カミソリ負けは、日常的にシェービングをしている場合、誰にでも起こりうる可能性のある症状です。原因を知ってカミソリ負けを回避しましょう。

深剃りしすぎている

深剃りは、肌の角質を取りすぎたり、バリア機能を奪ったりする原因のひとつです。カミソリ負けを避けるためにも、肌負担の大きい逆剃りを避け、深剃りをしないようにしましょう。

肌への刺激が強いクリームやローションを使っている

自己処理後に使用しているクリームやローションが、肌に合っていない可能性があります。

自己処理後の肌は、肌トラブルを引き起こしやすい敏感な状態です。アフターケアに使用する保湿剤は、ノンアルコールや無香料など、肌への刺激が弱い商品を選びましょう。

何もつけずにシェービングしている

シェービングの際には、シェービングフォームを使用しましょう。刃から肌を守る緩衝材の役割を担ってくれます。何もつけずにシェービングする場合と比べて、高確率でカミソリ負けを防げます。

カミソリを不衛生な環境に置いている

カミソリを浴室で使用している方の中には、置きっぱなしにしているケースも少なくないでしょう。

湿気がこもった不衛生な環境に置いたままにしておくと、サビやカビが生える原因になります。皮膚や毛穴に細菌が侵入しやすくなり、カミソリ負けを引き起こす可能性が高まります。

カミソリは清潔な状態を保ち、湿気の少ない場所で保管することが重要です。

肌ケアを日常的に行っていない

化粧水や乳液などで日常的に肌ケアすることで、常に肌がうるおっている状態になるため、カミソリ負けを起こしにくくなります。日頃から肌ケアをして皮膚のバリア機能を補い、乾燥状態を防ぎましょう。

カミソリ負けが起きた際の対処法


細心の注意を払って自己処理していても、肌のコンディションによってカミソリ負けが起こることもあります。ではカミソリ負けが発生したときには、どのように対処したらよいのでしょうか。

「カミソリ負けを起こしていて、辛い」と感じていらっしゃる方は、下記の項目を参考になさってください。

患部を保湿する

肌トラブルを起こした際には、保湿が重要です。保湿力が高く、低刺激の成分を使用した化粧水、クリームなどを使って、患部にうるおいを与えましょう。皮膚のバリア機能が補われて、カミソリ負けの悪化を防げます。

患部を冷却する

肌の赤みが引かない場合には、冷たいタオルや冷却剤などを肌に当てて患部を冷やしましょう。

肌の冷却には、炎症を緩和する働きがあります。おすすめは、冷やしたローションを使用することです。冷却と保湿両方できるため、効率よく肌を労われます。

低刺激のシェービング剤や保湿クリームを使う

カミソリ負けを起こしている肌は、非常にデリケートな状態です。刺激を避けるためにも、シェービング剤や保湿クリームの成分には気を配りましょう。アルコールや香料が成分に含まれていない、無添加商品の使用をおすすめします。

症状がおさまらない場合は皮膚科に相談する

患部を冷やしたり、保湿したりしてもカミソリ負けが治らない場合には、要注意です。

症状が悪化していく場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。市販薬よりも、皮膚科医が処方する薬のほうが効果が高いため、肌のかゆみや痛みを効率よく治せます。

カミソリ負けの再発を防止する、正しいシェービング方法

「もうカミソリ負けを起こしたくない」そう感じていらっしゃる方は多いでしょう。肌のヒリヒリとした痛みやかゆみを防止するには、正しいシェービング方法でヒゲやムダ毛を処理する必要があります。

この項目では正しいシェービング方法を解説いたしますので、参考になさってください。

①まずは、肌を清潔にする

シェービング前に、洗顔をして肌に付着した汚れを落としましょう。清潔に保つことで、雑菌が入り込むリスクを抑えられます。使用するタオルも清潔なものにしましょう。

②肌を温かいタオルなどで蒸らす

続いては、ムダ毛処理する部分を温かいタオルなどで蒸らします。毛や肌を柔らかくすることで、カミソリが滑りやすくなり、肌に負担をかけずに自己処理できます。

③シェービング剤を多めに塗る

シェービング剤には、カミソリの刃から肌を守る緩衝材の役割があります。肌の摩擦が減ることで肌への負担も和らぐため、かならず使用しましょう。処理する部分の肌にたっぷりと塗って使います。

④毛の生えている向きに沿ってシェービングする

毛の流れに沿ってカミソリを優しく動かしましょう。力を入れすぎないことがポイントです。

肌への負担が大きい逆剃りをするのは、仕上げのときのみにします。短めのストロークで、少ない回数で済ませましょう。

深剃りをすると、肌を傷つけて埋没毛や炎症を起こしかねません。シェービングの際には、何度も肌にカミソリを当てないようにしてください。

⑤シェービング後は肌ケアを徹底する

シェービング後の肌は角質を取りすぎていたり、皮膚のバリア機能が衰えていたりする状態のため、肌トラブルを起こしやすくなっています。ハンドクリームや保湿クリームなどを使用して、肌ケアを徹底して行いましょう。

22時~深夜2時を避けてシェービングしよう

皮膚のゴールデンタイムといわれる22時~深夜2時は、皮膚の再生が高まっている時間帯のため、ムダ毛処理に適しません。ムダ毛処理の際には、22時~深夜2時を避けましょう。

肌に優しく処理するなら医療脱毛もおすすめ

「気をつけていても、カミソリ負けを何度も起こしてしまう」「肌に負担をかけずにムダ毛の処理をしたい」と感じていらっしゃる方におすすめなのが、医療脱毛です。美容サロンで行われる光脱毛と比較して、少ない回数で脱毛を終えられます。

また医療脱毛は永久脱毛ができる唯一の方法です。脱毛が終われば、ほとんどムダ毛が生えてこなくなるため、自己処理の回数を限りなく減らせるでしょう。セルフで処理する回数が減れば、肌への負担を最小限にできます。カミソリ負けなどの肌トラブルを回避することも可能です。

ただし、医療脱毛時には強い痛みを感じるものです。痛みを抑えて脱毛したい方には、蓄熱式レーザー脱毛機での施術がおすすめです。脱毛時の痛みは「温かみを感じる程度」のため、痛みに弱い方や敏感肌の方でも安心して脱毛していただけます。蓄熱式レーザー脱毛機を採用しているクリニックを選んで、脱毛を始めてはいかがでしょうか。

まとめ

カミソリ負けを起こす原因や対処法、正しい処理方法を解説いたしました。肌への負担が少ない処理方法を知って、カミソリ負けのない肌を手に入れましょう。

「カミソリ負けを再発したくない」と感じていらっしゃる方には、医療脱毛がおすすめです。永久脱毛をすることでほとんどムダ毛が生えてこなくなるため、自己処理が不要になります。カミソリ負けをはじめとする肌トラブルを回避できるでしょう。

大阪心斎橋にあるメンズダビデでは、蓄熱式レーザー脱毛機「ソプラノアイス・プラチナム」を採用しております。痛みを抑えて脱毛できる点が特徴です。痛みの弱い方や敏感肌の方でも安心して脱毛していただけます。

メンズダビデでは、料金メニューに全身・VIO・ヒゲのトライアルプランを設けております。脱毛をしたことがない方や、通院するか迷っていらっしゃる方はぜひご利用ください。1回に限り、低価格で脱毛していただけます。

公式ホームページからは、無料のカウンセリング予約を受け付けております。脱毛に関する疑問や質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。医療脱毛をすることで、自己処理の回数が減り、カミソリ負けのない肌を手に入れられます。ツルツルでトラブルのない肌を目指しましょう。